事業の後継者がおらず、承継か廃業かどうしたらいいか

Question

小さな会社を経営しています。そろそろ自身は引退したいと思っているのですが血縁の後継者がおらず、産廃か、あるいは誰かに承継してもらうか、承継してもらう場合はどの様にして決めたらいいのでしょうか。相談先としてはどこ(誰)が、適切でしょうか。

70代・自営業・男性

Answer

事業承継における一般的な後継者選択順序としては、①親族内承継、②従業員承継、③第三者承継(M&A)となります。
また、事業自体の今後の見通しについても銀行の借り入れ状況なども含めつつ検討する必要があるでしょう。検討した結果、後継者への承継よりも事業の磨き上げの優先度が高いケースもあります。

事業承継の公的相談先として、静岡県プッシュ型事業承継高度化支援事業(054-254-4511)があります。県下各地の商工会・商工会議所にて毎月相談会を行っています。相談料は無料、秘密も厳守となっていますのでまずはここに連絡し、個別相談会に参加してみるのがよろしいかと思います。詳しくは、当事務所にご相談ください。