コロナで離婚が増えるという報道がよくあります。
実際はどうなのか、私の実感では相談件数は増えている感じがありますが、明確にコロナが原因で離婚したいというのはあまりないように思います。

前事務員と話していて、
「離婚の理由は何が多いんですか?価値観が合わないとかですか?」
と聞かれたので考えてみましたが、
私が扱った離婚事件(妻側)に限っていえば主に二つだと思います。

それは、夫が「ダメ」か「めんどくさい」かです。
ダメというのは夫が働かないとか酒を飲み過ぎるとかギャンブル好きとかです。
めんどくさいというのは夫が束縛するとか口うるさいとか俺様ルールを主張するとかです。いわゆるモラハラと言われることも多いと思います。

ダメな上にめんどくさいというパターンもありますが、めんどくさい方の人は社会的に立派な方の場合も多いです。
妻から見た言い分なので夫側の主張はまた違う場合があります。真実は夫婦間でしかわからないこともあるでしょう・・・
しかし、妻がこのように感じたら離婚したくなる、ということはいえると思います。

そして、その両方ともコロナによって増幅される面があると思います。
非常時にはダメが露呈しますし、休業とかで一緒にいることが多いとめんどくさいと感じることも増えてくるでしょう。
そういう意味ではコロナ離婚というのはコロナだけが理由である場合は少なく、その原因はコロナ以前に内包されていたといえるのでしょう。

ネットにはよくコロナ離婚をどうしたら防げるかみたいなことが書いてありますが、弁護士としては防げるかどうかについては関知しません。
そもそも防いだ方が依頼者にとって幸せなのかどうかはわからないからです。
持ちこたえた方が最終的に幸せな場合も別の道を行った方がよかった場合もあるでしょう。
法律事務所は選んだ選択肢を行使するツールに過ぎません。

ただ、選択肢としてどのような方法で離婚できるか、知っておいた方がいいとは思います。
選択肢の行使の方法を知って前に進む場合と、行使の仕方を知ったことでしばらく我慢できる場合とあると思います。
どちらを選択するかは相談者の判断だと思いますが、一つだけアドバイスするとしたら自分にとってどちらが幸せになる可能性が高いと思うかで判断した方がいいと思います。
結婚は個人が幸せになるためにやるものだと思うからです。