司法書士の業務は不動産登記、会社・法人登記がメインですが、近年の法改正により非常に多岐にわたる業務を行うことが可能となっています。

簡裁訴訟代理業務
訴訟手続は弁護士がするというのが一般的なイメージですが、法務大臣の認定をうけた司法書士は、簡易裁判所で訴額が140万円を超えない事件については依頼者の代理人となり法廷での手続をすることができます。売掛金の回収、賃貸建物の明渡し、過払金請求等多くの案件を司法書士が扱うことができます。

終活のサポートと相続手続
司法書士は遺言書の作成、任意後見契約、家族信託、生前贈与などの終活のサポートと本人が亡くなった後の財産承継と相続登記を全て扱うことができます。そのためスムーズに手続きを進めることが可能となります。

司法書士は弁護士などと比べると知名度が低いですが、幅広い相談に対応することができます。静岡県内の大多数の市町には司法書士の事務所があります。お困りごとの相談があれば、ぜひ司法書士事務所に相談してみてください。