とあるご依頼者離婚を希望していましたが、夫から暴力を受けたことなどから、子供と一緒に家を出て、夫から身を隠している女性から依頼がありました。彼女は、引っ越しし、携帯も番号を変え、夫との交渉は一切行っていませんでした。

女性は、夫に対して大変恐怖心があり夫と直接話をしたり文書のやりとりをすることはできない状況でした。

ご依頼いただいたのちは、私が夫、夫の両親などと話をし、離婚届に判を押してもらいました。

また、離婚に際して、夫婦双方の話を聞いて、私が協議書(夫婦間の借金の清算方法や今後一切連絡を取らないことなどを文章にしたもの)を作成し、双方に署名押印してもらいました。

訴訟や調停を行うことなく交渉事件として終了しましたので、ご依頼いただいてから依頼者の女性は夫に会うことはなく、住所や電話番号を知られることもなく離婚することができました。