【事案】
交通事故に遭い、頚椎捻挫で通院中、相手方から治療費の支払いを突然打ち切られ、約40万円の賠償金の提示があった段階で,ご依頼がありました。依頼者は大変お困りのご様子でした。

【対応】
手のしびれがあり、主治医も継続治療の必要を認めていたことから、健康保険に切り替えて8ヶ月間、治療を継続してもらいました。

治療終了後も手のしびれが残っていたため,自賠責保険会社に被害者請求をし,後遺障害の認定を求めましたが、後遺障害に該当しないとの判断でした。

そこで、自賠責保険会社に異議申立を行うと共に、民事訴訟を提起しました。
その後、異議申立が認められて14級の後遺障害が認定され、民事訴訟でも14級の後遺障害を前提とする和解が成立しました。

その結果、自賠責保険金も含めると、約400万円の賠償金を得ることができ、依頼者にも大変ご満足をいただきました。

コメント私が交通事故事件の受任件数が多く経験が豊富であったこと及び依頼者の正当な利益を守るため、ご依頼いただいた1つ1つの事件について誠実に取り組んできたことが、依頼者のご満足をいただける結果を得ることにつながったのだと思います。

私の所属する静岡法律事務所は、静岡県内最大級の規模の法律事務所です。
相談室は9室あり完全個室です。駐車場も5台分あります。

安心してご相談いただける環境が整っています。
各弁護士は「社会生活上のお医者さん」を目指して日々仕事に励んでいますので、お困りのことがあれば当事務所の弁護士にお気軽にご相談下さい。

静岡法律事務所 外観